室内環境を整えて心地よい生活を目指す【快適住宅アドバンス】

Improving housing beautiful

掃除について

Improving internal housing

コーティング後の掃除について

水廻りコーティング後の掃除について知っておくと良い情報を紹介します。 水廻りコーティング後に今までと同じようにゴシゴシと掃除をしていると、せっかくのコーティングが剥がれてしまうので注意が必要です。水廻りコーティングは薄い膜なので、剥がれてしまうと、その部分はもとの状態に戻ってしまいます。したがって掃除をするときは、スチールウールや金属製のタワシで磨いたり、研磨剤入りの洗剤を使用しないようにします。 また、コーティングは水分をきらいますので、水分をつけて掃除をした後は、乾拭をするとコーティングが長持ちします。 以上のことから掃除は柔らかい布を使って、水拭きや乾拭きで対応するようにします。しつこい汚れの場合は、中性洗剤を何倍にも薄めて使用し、その後乾拭きします。

水廻りコーティングで得られるメリット

水廻りコーティングで得られるメリットについて紹介します。 水廻りコーティングのメリットをまとめると「汚れがつきにくく」「ついた汚れも落としやすく」なります。さらに、ガラス被膜による効果で「キズもつきにくく」なるということです。 それではひとつずつ見ていきます。まず1点目は耐久年数が長いことです。ナノレベルの粒子でガラス被膜により、5年以上という長期的な耐久性を実現します。 2点目は防汚効果です。ガラス被膜でコーティングするため、汚れがつきにくく、汚れがついた場合でも、簡単な掃除で落とせるようになり、日ごろの手入れが簡単になります。 3点目はキズ防止です。コーティング剤が素材の表面に密着するため、細かなきずなどがつきにくく、素材を長持ちさせてくれます。