室内環境を整えて心地よい生活を目指す【快適住宅アドバンス】

Improving housing beautiful

腕の良い業者

Improving internal housing

食品工場の換気扇の実情

食品工場では、食品の安全を守るために、空調についても管理していく必要があります。特に食品は加熱工程がある場合が多く、どうしても工場内に熱気と湿気がたまりがちです。そのため、工場内には、水滴が大量にたまってしまい、うまく排出することが求められるわけです。この方法としては、熱源に対し、できるだけ近い位置に換気扇を配置する必要がありますが、古い工場については、うまく設置されていない場合もあります。そういった機器は徐々に寿命を迎えてきた場合、換気扇修理が必要になるわけですが、これを設備改善の機会ととらえることもできます。換気扇修理よりも構造上の見直しを行い、食品衛生上清掃のしやすいタイプの換気扇に付け替えることが現在の主流になっています。

換気扇のことなら食品工場をよく知る業者へ

最近では、食品会社の施行例を前面にホームページでアピールしている業者があり、こういったところに相談すると、現状の換気扇の評価をしてくれます。換気扇修理で対応するのが良いか、それとも、新たに移動、新型の換気扇に変更するのが良いか、診断しながら、最適なものを進めてくれます。特に、最近のトレンドとしては、換気扇修理によってエアバランスが変わってくる場合があります。排気、吸気のバランスは防虫対策としても重要であり、測定から、より良い提案を行ってくれるのです。こういった業者は、吸気設備についても熟知しており、食品衛生上、および、働く従業員に対しても優しい換気扇の販売、設置も行っているので、相談してみることです。